2020/1/15

【イベント】脱プラスチック!日本みつばちの蜜ろうでエコラップをつくろう(2/2)


※満席となりましたため、お申込みを締め切りました。ありがとうございます。


信州から日本みつばちの養蜂をしている「和蜜屋」の大野和紀さん、森泉彩子さんをお迎えします。自然のサイクルや日本みつばちの生態を学びながら、脱プラスチックのアクションとして、みつろうエコラップをつくります。
 会場は鎌倉の自然に囲まれたアナン邸。はちみつ入りの温かいチャイを飲みながら、みなさんと楽しい2時間をつくりましょう!お一人でも、親子での参加も可能です。

【開催内容(2時間】
・信州の自然、日本みつばちの生態について日本みつばちの養蜂家のおはなし
・エコラップのワークショップ…オーガニックコットンにスタンプ+みつろうでコーティング
・日本みつばちのはちみつ、みつろうなどのグッズ販売
・はちみつ入りチャイの提供

開催日:2020年2月2日(日)13時〜15時
開催場所:鎌倉アナン邸
参加人数:20名
参加費:4000円(税込)当日会場でお支払いください。
参加方法:「参加」ボタンを押してください。キャンセルの場合は前日までにご一報頂けると助かります。
※制作したエコラップの持ち帰りあり
※親子参加の場合は1家族1セット、参加費4000円になります。(5歳〜小学校低学年までが対象。小学校中学年以上は一人分の参加費を頂戴いたします。)

【蜜ろうエコラップとは】
 布に蜜ろうを染みこませた天然素材のラップです。繰り返し洗って使うことができ、プラスチック製のラップの使用回数を減らすことに貢献できます。今回は、日本みつばちの蜜ろうとオーガニックコットンを使用いたします。

【和蜜屋プロフィール】
大野和紀(おおのかずのり)
長野県上田市在住。約15年前より日本ミツバチの養蜂をはじめ、2014年よりハチミツを販売する「和蜜屋」を開業。現在、上田市のパン屋ルヴァン、長野マルシェ(ネット販売)、長野県アンテナショップ銀座NAGANO、地元カンパニー(ふるさと納税)にて日本みつばちの貴重な2年もののハチミツを販売している。日本ミツバチの生態に詳しく、その種を守る活動も精力的に行っている。

森泉彩子(もりいずみさいこ)
長野県佐久市在住。約3年前まで東京に住み、子ども造形教育に関わる企画・編集・執筆に携わって来た。
現在、和蜜屋の手伝いをしながら、自宅の築65年経つ蚕室で、実験的に日本ミツバチの養蜂を行っている。</em>

ホームへ先頭へ前へ戻る